HOME>記事一覧>赤ちゃんについた汚れを落としやすい製品を選ぶ

素材の違いも意識する

産まれてから半年ほど経過した赤ちゃんは身体も大きくなっているために、お風呂に入れようとした赤ちゃんが手足をばたつかせると、手足をぶつけて怪我をしてしまう事もあるので注意が必要です。赤ちゃんの怪我を防ぐために柔らかい素材で作られたベビーバスも増えており、頭や手足をぶつけてしまっても痛がるような事もなく、安全にお風呂に入れる事ができると評価されています。

カラーデザインの違いも意識

赤ちゃんがお風呂に入るのを嫌がってしまう事に悩まされている家庭は、ベビーバスのカラーデザインも比較する事をおすすめします。緑色などの落ち着いたカラーデザインを選ぶだけで、赤ちゃんが心を落ち着かせながら入浴してくれる事も珍しくありません。